“ジョーカー男”新たな映像 緊迫「押せ! 緊急ボタン」

社会


京王線の車内で、17人が重軽傷を負った事件で逮捕された服部恭太容疑者(24)。

その犯行の、新たな映像を入手した。

走行中の車内で、乗客たちが慌てた様子で隣の車両に逃げ込む。

その向こうには、リュックサックを背負った服部容疑者の姿が。

これは、乗客を刺した直後の様子。

目撃者によると、その手には血の付いたナイフが握られていたという。

逃げる乗客たちに目もくれず、ゆっくり歩く服部容疑者。

その先には多くの別の乗客たちが...。

膨らんだリュックサックの中にあるとみられるのは、オイル。

現場となった特急電車が、通過する予定の駅で緊急停車するまで、どのくらいかかったのだろうか。

乗客が緊急停止ボタンを押そうとしていたのは、出発した調布駅の1つ隣の駅にさしかかった時。

電車が停車したのは、さらに1つ先の駅だった。

新たに、服部容疑者が警察の調べに対し、「乗客を燃やそうと思った」と供述していることがわかっている。

(FNNプライムオンライン11月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース