自民幹事長に茂木氏が就任 党改革など参院選に向け準備

政治・外交


自民党は4日の総務会で、衆議院選挙の小選挙区で敗れた甘利氏の後任の幹事長に、外相の茂木敏充氏を起用する人事を正式に決定し、茂木氏は午後、就任の記者会見を行った。

自民党・茂木幹事長「次の時代を先取りする自民党をつくっていくことが重要だ」

茂木氏は、優先的に取り組む課題として、コロナからの回復に向けた大型経済対策や、役員任期の制限など党改革、2022年夏の参議院選挙に向けた準備を挙げた。

また、憲法改正について「日本維新の会を含め、さまざまな党と議論を重ね進めていきたい」と述べた。

茂木氏の幹事長就任は、前任の甘利氏が小選挙区で敗れ引責辞任したことによるもので、わずか1カ月での幹事長交代は異例。

(FNNプライムオンライン11月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 自民党