コロナ飲み薬 イギリスで世界初承認 「重症化リスク低減」

国際・海外


新型コロナウイルスの飲み薬が、イギリスで世界で初めて承認された。

アメリカの製薬大手「メルク」が開発した新型コロナウイルスの飲み薬「モルヌピラビル」について、MHRA(イギリス医薬品・医療製品規制庁)が4日、承認したと発表した。

MHRAはモルヌピラビルについて、「コロナウイルスが体内で増殖することを防ぎ、重症化リスクを低減させる」としているほか、「症状がでたあと、5日内にできる限り早く服用するのが効果的である」と発表している。

モルヌピラビルは1日に2回、5日間服用する薬で、自宅でも服用できることから、コロナ対策の切り札と期待されている。

日本政府も承認申請されれば、年内にも特例承認し、調達する方向で調整している。

(FNNプライムオンライン11月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース