11月中にも日米首脳会談へ 中国など念頭に連携確認か

政治・外交


岸田首相は、早ければ11月中にもアメリカを訪問し、バイデン大統領と会談を行う方向で調整していることがわかった。

複数の政府関係者によると、岸田首相は、11月下旬にも召集が見込まれる臨時国会を前に、アメリカを訪問することで調整を進めていて、バイデン大統領と正式な首脳会談を行いたい考え。

会談では、中国を念頭に置いた「自由で開かれたインド太平洋」の推進や、日米とオーストラリア、インドの4カ国による枠組み「クアッド」の連携強化を確認するものとみられる。

両首脳は、イギリスで開かれている国際会議「COP26」で、早期に会談を行うことで一致していた。

(FNNプライムオンライン11月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース