米マクドナルドが試験販売 “代替肉バーガー”お味は?

国際・海外


アメリカのマクドナルドで、温暖化対策としても注目される植物由来の代替肉を使ったハンバーガーの試験販売が始まった。

カリフォルニア州など、アメリカの8店舗で試験販売が始まったのが、代替肉を使ったハンバーガー「マックプラント」。

代替肉を手がける企業と共同開発したパティは牛肉を使わず、エンドウ豆や米、ジャガイモなどから作られている。

代替肉を使ったハンバーガーは、色など、見た目は普通の牛肉とほとんど変わらない。

購入した客「マクドナルドにとってビジネスチャンスだし、農家も生産高を増やせる。環境にも優しいし、いいことだと思う」

植物由来の代替肉は、健康志向の高まりに加えて環境面でも注目されていて、2020年のアメリカ国内での売り上げは、日本円で1,500億円以上にのぼるとも言われている。

(FNNプライムオンライン11月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース