細野豪志氏 自民入党 民主党政権で環境相

政治・外交


民主党政権で環境相などを務めた細野豪志議員が自民党入り。

自民党の遠藤選対委員長は、5日午後、岸田首相に細野氏の入党を報告したうえで、記者団に、「細野さんは『ありがとうございます』と。『全力を尽くして頑張りたい』と、そういう話を電話でされていた」と述べた。

細野氏は、今回の衆議院選挙に、無所属で静岡5区から出馬し、自民党公認で岸田首相の派閥に所属する吉川赳氏を破り、当選していた。

かつて“民主党のプリンス”とも呼ばれた細野氏は、2017年には、東京都の小池知事らと希望の党を結成したが、その後離党し、無所属として活動。

二階派に入会し、自民党入りを模索していた。

(FNNプライムオンライン11月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 自民党