2108億円 税金の無駄 「アベノマスク」「COCOA」

政治・外交


会計検査院は、2020年度の決算検査報告を、岸田首相に提出した。

予算の無駄遣いなど、支出が「不当」などと指摘した件数は、あわせて210件で、2,108億円にのぼる。

今回は、新型コロナ対策への指摘が9件あり、政府が配った布マスク、いわゆる「アベノマスク」およそ8,200万枚の在庫管理に6億円(2020年8月~2021年3月)がかかっていることや、接触確認アプリ「COCOA」の運用や保守態勢が不十分だったことなどが指摘されている。

指摘を受け、厚生労働省は、布マスクの在庫については、介護施設などへ配布を行うなど、有効な活用を検討していくと答えている。

(FNNプライムオンライン11月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース