外相に林芳正氏起用 防衛・農水・文科相など歴任


岸田首相は、外相に、林芳正・元文部科学相を起用する意向を固め、与党幹部に伝えた。

外相は4日まで、茂木敏充氏が務めていたが、茂木氏が、甘利明氏の後任の、自民党の幹事長に就任したため、6日現在は、岸田首相が兼務している。

岸田首相は、新たに外相に林芳正氏を起用する意向を固め、与党幹部に伝えた。

10日に特別国会が召集され、第2次岸田内閣が発足するのに合わせて、正式に任命する。

林氏は、1995年の参院選で初当選して以降、5回当選し、防衛相や農水相、文科相などを歴任したあと、10月の衆院選に、山口3区からくら替え出馬し、当選している。

(FNNプライムオンライン11月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース