消費者庁が「アイリスオーヤマ」「BRUNO」偽サイトに注意喚起…“巧妙なつくり”に騙されないポイントを聞いた

暮らし

家電製品や生活雑貨などの公式通信販売サイトを装った「偽サイト」で商品を注文してしまったなどの相談が増えていることから、消費者庁が「アイリスオーヤマ」と「BRUNO」の2社の「偽サイト」について注意を呼びかけた。

見分けるのが難しい偽サイト 被害最高額は約13万円

消費者庁によると、家電などを扱う「アイリスオーヤマ」と、生活雑貨などを扱う「BRUNO」の偽サイトに関する相談が、2021年4月から2022年2月20日までで合わせて1436件寄せられている。

アイリスオーヤマは1362件で、そのうち代金を支払ってしまったのが207件。被害総額は、約291万5000円。BRUNOは74件で、そのうち支払ってしまったのが6件。被害総額は、約10万7000円。

被害最高額は、アイリスオーヤマの偽サイトで、冷蔵庫・掃除機・電子レンジをまとめて購入した12万9800円。

アイリスオーヤマ 左が偽サイト(提供:消費者庁)
アイリスオーヤマ 左が偽サイト(提供:消費者庁)

偽サイトは、外見は公式通信販売サイトのようで、「公式」と表示しているサイトや公式ロゴマークを使用しているサイトもあり、さらにURLまで“公式っぽい”ものもあるため、一見しただけでは偽サイトと気がつくことは難しい。

アイリスオーヤマの偽サイトは、公式通販販売サイト「アイリスプラザ」から画像を盗用するなどしており、会社概要ページには、無関係の会社名と住所が表示されており、虚偽の代表者名が表示されていた。

アイリスオーヤマ偽サイトの会社概要(提供:消費者庁)
アイリスオーヤマ偽サイトの会社概要(提供:消費者庁)

BRUNOの偽サイトでも、公式通販販売サイト「BRUNO online」から画像を盗用するなどしており、会社概要ページには架空の会社名が表示されているが、住所と代表者名は公式サイトと同一のものが表示されていた。

BRUNO偽サイトの会社概要(提供:消費者庁)
BRUNO偽サイトの会社概要(提供:消費者庁)

2社の偽サイトでは、トップページに「全品50%OFF」などと表示されている。
商品ページでは、割引前の価格と販売価格を併記し、通常の販売価格と比べて約5割引~約7割引で販売しているかのように表示されている。

アイリスオーヤマ 左が偽サイトでの価格表示(提供:消費者庁)
アイリスオーヤマ 左が偽サイトでの価格表示(提供:消費者庁)

 

特徴は“クレジットカード決済限定”など

「安く買える」など消費者の購買意欲をあおり、サイトも巧妙なつくりで見分けがつかないように見える。本物そっくりな偽サイトを見分けるポイントはあるのだろうか?また、偽サイトで購入してしまった場合、どうすればよいのだろうか?

消費者庁の財産被害対策室に話を聞いた。

ーー「偽サイト」は、どうやると出てくる?

検索サイトで「アイリスオーヤマ」や「ブルーノ」、「ホットプレート」などブランド・商品名を検索すると表示されるリスティング広告(検索連動型広告)の中に、偽サイトへのリンクが表示されることがあります。

アイリスオーヤマ 左が偽サイト(提供:消費者庁)
アイリスオーヤマ 左が偽サイト(提供:消費者庁)

ーー「偽サイト」に特徴はある?

1つ目は、URLです。公式サイトとURLまでよく似ています。
2つ目は、通販サイト全般に言えますが、価格です。実態の価格にに比べて格安の販売価格が表示されています。
3つ目は、支払い方法。支払い方法が、クレジットカード決済のみであることです。


ーー偽サイトはどのくらいあるの?

合計で40件確認しています。
アイリスオーヤマで30件、BRUNOでは10件。
過去の例からすれば、今後増える可能性が考えられます。

女性からの相談件数が多い

ーー購入してしまった場合、どうなる?

決済された場合、荷物が届かないです。
今回、何名かの方には、注文したものと違う安物の指輪が届いていたことを確認しました。


ーー相談する人に共通している点はある?

女性からの相談件数が多いことです。

アイリスオーヤマの場合は、相談件数1362件に対して、949件、約69%が女性からの相談です。
一番多い年代が40代で368件、そのうち女性からは259件。次が50代で362件、そのうち女性からは255件。続いてが30代です。

BRUNOの場合は、相談件数74件に対して女性からの相談は約85%の63人でした。
一番多い年代が40代で29件、そのうち女性からは24件。次が30代で16件、そのうち女性からは14件。続いてが50代です。

提供:消費者庁
提供:消費者庁

ーー「偽サイト」を見分けるポイントを教えて

異常に安いということと、支払い方法がクレジットカード決済のみ。
この2つは注意した方がいいです。

今回確認した偽サイトでは、50%から70%オフと表示されていました。
また、普通は着払い、振込などと支払い方法を選択できるが、クレジットカードのみというのは偽サイトの可能性が高いです。要注意してください。

偽サイトを見分けるポイント(提供:消費者庁)
偽サイトを見分けるポイント(提供:消費者庁)

BRUNO 偽サイトの価格表示(提供:消費者庁)
BRUNO 偽サイトの価格表示(提供:消費者庁)

日々手口が巧妙化している偽サイト。サイト名を検索すると出てきてしまうというのは要注意だが、販売価格が半額など、買いたくなるような割引がされている場合や、クレジットカード決済のみという場合は、代金を支払う前に慎重に確認したほうが良さそうだ。

アイリスオーヤマの公式サイト「アイリスプラザ」では、偽サイト一覧が紹介されており、BRUNO公式サイト「BRUNO online」では、偽サイトの特徴・代表例が紹介されているため、不安な人は確認してほしい。
 

相談窓口の案内(提供:消費者庁)
相談窓口の案内(提供:消費者庁)

そしてもし、被害に遭った場合は、消費者庁の相談窓口「消費者ホットライン」(電話番号:188)に相談してほしい。

(FNNプライムオンライン3月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース