知床観光船事故 運航会社社長 きょう会見へ どう説明? 家族から不満噴出

社会


北海道の知床半島で26人が乗った観光船が遭難した事故で、27日、運航会社の社長が記者会見を開く予定。

一方で、行方不明者の捜索は難航している。

斜里町ウトロ漁港から、北海道文化放送・石井祐里枝アナウンサーが中継でお伝えする。

港は先ほどまで濃い霧が立ちこめていた。
これから雨になり、海は荒れる予報。

そのため、27日は漁船による捜索は行われないということで、船は港の中に係留されている。

捜索は長期化していて、現在も15人の行方がわかっておらず、船も見つかっていない。

26日夜からの捜索でも、手掛かりは得られなかった。

こうした中、27日午後1時半からは、運航会社による家族への説明会が開かれるほか、午後3時半からは、社長が記者会見を行う予定。

家族は26日も、「社長が出てこないのはおかしい。1日も早く社長自身が説明し、記者会見をすべきだ」と不満を噴出させていて、社長がどう説明を行い、家族の疑問点に答えるのか注目される。

(FNNプライムオンライン4月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース