「仙洞御所」は元「東宮御所」だった建物…同じ建物なのに名前が変わる理由 「仙洞御所」とはどのような場所なのか

社会 皇室

上皇ご夫妻が生活される仙洞御所とは?

宮内庁は、6月末で仙洞御所の改修工事が終了したと発表しました。

上皇ご夫妻は、4月26日から生活を始められていましたが、これで全てのお引っ越しに伴う改修工事が終わったことになります。

改修の終わっていた公室部分は公開されましたが、仙洞御所とは、一体どのような場所なのかまとめてみました。

現在は上皇ご夫妻が住まわれる「仙洞御所」
現在は上皇ご夫妻が住まわれる「仙洞御所」

今の仙洞御所は、住まわれた方により、名前が変わってきました。

1960年から1989年までは、上皇ご夫妻が皇太子時代のお住まいだったので「東宮御所」

東宮御所での上皇ご夫妻(当時は皇太子ご夫妻)(1960年)
東宮御所での上皇ご夫妻(当時は皇太子ご夫妻)(1960年)

昭和天皇が亡くなった後、1995年に上皇ご夫妻が皇居の御所に移られるまでは「赤坂御所」に。

天皇陛下が皇太子時代のお住まいとされたときには、再び「東宮御所」

陛下が2019年5月に即位し、皇居の御所に引っ越されるまでは「赤坂御所」

そして2020年、上皇ご夫妻が生活されるようになり「仙洞御所」となりました。

その都度、改修は行われましたが、ほぼ同じ建物で、呼称だけは変わっていったのです。

1960年3月に完成した東宮御所は、赤坂御用地の貞明皇后が住まわれた「赤坂大宮御所」のあった場所に建設されました。

建設中の東宮御所
建設中の東宮御所

建設を請け負ったのは、大林組など7社の共同企業体でした。実は、大手建設会社7社で指名競争入札をしたところ、1万円で落札されます。宮内庁は、さすがにこれはまずいと考え、7社の共同体と随意契約し着工することにしたということです。

基本設計は、谷口吉郎氏。東京国立近代美術館や東京国立博物館東洋館を設計した方で息子の吉生氏も建築家として名をはせています。

この時の資料によれば、公室部分は平屋建て一部地下一階で約1409㎡、事務部分は、地下二階もある約985㎡、職員室や渡り廊下、車庫などが約927㎡あり、私室部分は、約999㎡。合わせて約4320㎡の建物が完成しました。

東宮御所での上皇ご夫妻と陛下(当時は皇太子ご夫妻と浩宮さま)(1960年6月)
東宮御所での上皇ご夫妻と陛下(当時は皇太子ご夫妻と浩宮さま)(1960年6月)

建設省から宮内庁に出向し、後には今の皇居造営にも関わる、小幡祥一郎氏の著作によれば、基本的な企画は「将来日本の象徴となられる方の御殿には外国の賓客の来訪も多いので、当然日本風のものがよい」とされたということです。

「東宮御所」の落成式は1960年4月27日に行われ、皇太子時代の上皇ご夫妻は、生まれて4カ月になろうとする浩宮さまと共に1960年6月17日に「東宮御所」へと引っ越しをされています。

完成したばかりの「東宮御所」にて当時の皇太子ご一家(1960年6月)
完成したばかりの「東宮御所」にて当時の皇太子ご一家(1960年6月)

この時、昭和天皇から、万那料(ご祝儀)、唐津焼の壺、銀製の水瓶が贈られたということです。

5月に公開された「仙洞御所」の公的部分は、建設当時と大きく変わっていないということで、当時の資料などを基に部屋を見ていきます。

(平面図イラスト:さいとうひさし)
(平面図イラスト:さいとうひさし)

表玄関の車寄せは鉄筋コンクリート製で、屋根は銅吹きとなっています。

仙洞御所「表玄関 御車寄」
仙洞御所「表玄関 御車寄」

ここで、皇太子時代の上皇ご夫妻、両陛下は賓客を出迎えられています。

また、陛下が国際親善から戻られると、同行されなかった雅子さまや愛子さまが出迎えに出られることもありました。

仙洞御所「鶴溜り」

玄関を入り、右手の階段を上ったところにあるのが「鶴溜り」と呼ばれる場所です。

仙洞御所「鶴溜り」
仙洞御所「鶴溜り」

一番奥に、吉岡堅二氏による「飛翔」の屏風絵が飾られ、この鶴の絵から「鶴溜り」と呼ばれるようになったそうです。

「鶴溜り」に飾られる吉岡堅二氏の屏風絵「飛翔」
「鶴溜り」に飾られる吉岡堅二氏の屏風絵「飛翔」

部屋と言うよりロビーの様な場所で、控え所として使われたようです。

仙洞御所「檜の間」

「鶴溜り」の左手にあるのが「檜の間」です。

仙洞御所「檜の間」
仙洞御所「檜の間」

ここでは海外からの要人などとお会いになる場合に使われています。お誕生日の記者会見なども行われています。壁は、上部はフェルト生地で、下の部分に檜材が使われています。

仙洞御所「日月の間」

「仙洞御所」の一番西側にあるのが、「日月の間」です。

仙洞御所「日月の間」
仙洞御所「日月の間」

一番大きな部屋で、大勢の方と会う場合、例えば、海外青年協力隊の方々や沖縄から来た豆記者とお会いになる時に使われています。

また、賓客との会食をする場所、食堂としても使われ、部屋の左手には、食事の配膳室へと繋がる扉があります。

部屋の北側と東側の上部に配されているのが、東山魁夷氏による「日月四季図」です。

「日月の間」の東山魁夷氏の「日月四季図」(一部)
「日月の間」の東山魁夷氏の「日月四季図」(一部)

春の山・夏の虹・秋の山・冬の山と季節の移り変わりを表していると言います。

冬の山に描かれた月は白金箔押しで、写真の左奥に見ることができます。

「日月の間」の東山魁夷氏の「日月四季図」(冬の山と月)
「日月の間」の東山魁夷氏の「日月四季図」(冬の山と月)

写真の右側に見える夏の虹は岩絵具に金箔、白金砂子より描かれています。

「日月の間」東山魁夷氏の「日月四季図」(右に見えるのが夏の虹)
「日月の間」東山魁夷氏の「日月四季図」(右に見えるのが夏の虹)

東面の夏の山に描かれた日輪は金箔押しだということです。横は約22.5m、縦は約2mの長大な画面となっています。

「日月の間」の東山魁夷氏の「日月四季図」(一部)
「日月の間」の東山魁夷氏の「日月四季図」(一部)

仙洞御所「楢の間」

「楢の間」は、集会室として使われました。

仙洞御所「楢の間」
仙洞御所「楢の間」

お庭の清掃などを行うボランティア、勤労奉仕団へのご会釈の場所としても使われています。また、奥に見える今は板張りの部分は、建設当時カーテンで、スクリーンを覆っていました。反対側には、映写室も設けられ、映画などを鑑賞するために使われましたが、現在は映写室は使われていないということです。

2014年、上皇さま80歳、傘寿のお祝いの会が両陛下などにより行われた際には、ここに舞台が作られ、歌舞伎役者の坂東玉三郎さんが日本舞踊を披露したこともあります。

仙洞御所「黒柿の間」

「黒柿の間」は、小応接として、ご進講や職員と会われるときなどに使われました。


壁や扉は、名前の通り、黒柿ねりつけで作られています。柿の中で、切ったときに黒い模様の木がまれに出てくると言うことで、その木が使われています。黒っぽい色が印象的になっています。

仙洞御所「紅葉の間」

紅葉の間は控室として使われました。

仙洞御所「紅葉の間」
仙洞御所「紅葉の間」

こちらも壁はモミジ材が使われています。

こうした公的部分の部屋は、「仙洞御所」への改修で、クリーニングなどが行われましたが、作られた当時から使い方は余り変わらなかったようです。

仙洞御所の私室部分

公開されていませんが、私室部分を調べてみました。

建設当時の発表などによれば、私室部分は、吹き抜け天井の談話室、居間、食堂、美智子さまも使われたキッチン、お子さまのための遊戯室と「皇子室」と呼ばれるお子さま用の部屋が2つ、2階部分には来客室が2つのほかホール、書斎、ご夫妻の寝室、化粧室、浴室などがあったということです。

キッチンでの美智子さま
キッチンでの美智子さま

このうち、談話室は、天皇皇后両陛下の皇太子時代、お誕生日の際にご近影の撮影で使われていたということです。

陛下51歳の誕生日のご一家映像(皇太子時代)
陛下51歳の誕生日のご一家映像(皇太子時代)

また、陛下が愛子さまを撮影されたのも談話室と思われます。吹き抜けと言うこともあり、2階への階段もあることが分かります。

陛下撮影ビデオの雅子さまと愛子さま(当時は皇太子妃雅子さま)(2004年 宮内庁提供)
陛下撮影ビデオの雅子さまと愛子さま(当時は皇太子妃雅子さま)(2004年 宮内庁提供)

仙洞御所で行われてきた改修・増築

お住まいは、1960年に完成してから何度か改修、増築が施されています。


1979年 お子さまが大きくなり最初の改修

最初の改修は、1年ほど掛け1979年11月に終えています。

この時、陛下は19歳、秋篠宮さまは13歳、黒田清子さんは10歳と大きくなられ、手狭になったことが主な理由です。

この時まで皆さまには個室がなく、遊戯室を改造するなどして個室にしていたようです。

改修により、陛下用の個室と黒田さん用の個室はそれぞれ約24㎡から約40㎡(約24畳)、秋篠宮さまは約17㎡から約37㎡(約22畳)と、これまでの倍の広さになったということです。

また、ご進講の部屋3つと、当時日本舞踊を学んでいた黒田さんがお稽古に使えるようにと本格的な和室も作られたということです。

お住まい部分の2億2千万円と合わせ、空調室の工事など総工費約3億3千万円かけて約560㎡増築され、総延べ床面積は約5152㎡に。部屋数は、公室部分12室、私室部分22室、事務部分は38室になったということです。

時代は平成となり、上皇ご夫妻は1993年12月、皇居の御所へと移居されます。

雅子さまとご結婚後、陛下は東宮仮御所となっていた赤坂御用地内にある赤坂東邸に住まわれていました。

1994年 上皇ご夫妻から両陛下のお住まいへ改修

両陛下のお住まい「東宮御所」とすべく、改修工事が行われます。

そして、1994年7月6日、両陛下は「東宮御所」へと入られました。

東宮御所に入られた両陛下(当時は皇太子ご夫妻)(1994年7月)
東宮御所に入られた両陛下(当時は皇太子ご夫妻)(1994年7月)

新居に入られた両陛下は、「両陛下(上皇ご夫妻)が三十余年お過ごしになられた東宮御所で新しい生活を始めることに深い感慨を覚えます」と感想をと寄せられています。

改修では部屋割りは変えず、老朽化した屋根の葺き替えや照明器具の交換、非常用発電の設置などが行われ、美智子さまが使われたキッチンも調理器具を入れ替えたそうです。そして、新たに私室部分の前庭に、ししおどしや灯籠のある日本庭園が造られました。

東宮御所に入られた両陛下(当時は皇太子ご夫妻)(1994年7月)
東宮御所に入られた両陛下(当時は皇太子ご夫妻)(1994年7月)

改修費は、3億800万円で、総面積は約5460㎡。約300㎡増えているのが分かります。

1998年 耐震強化のため改修

次の改修工事は1997年6月から翌年3月末まで行われています。

阪神淡路大震災後行われた耐震検査で、公的部分の耐震強化工事が必要と判断されたためで、合わせて身体障害者用のリフトなども設置されました。工事費は5億8千万円だったいうことです。

この間、両陛下は、赤坂東邸を「東宮仮御所」とし住まわれました。

2001年 愛子さま誕生を控え改修

2001年に行われた改修工事は、長女・愛子さまご誕生を控えた8月から行われています。

愛子さまご誕生(2001年12月)
愛子さまご誕生(2001年12月)

黒田清子さんが使っていたお部屋を愛子さまのお部屋とするために、床には耐熱性のあるコルクタイルににしたほか壁にはリノリウムを使用。また部屋を仕切って看護師の控室が作られました。合わせて浴室やトイレ、空調も一新されました。改修費は約2900万円だったそうです。

陛下撮影ビデオの雅子さまと愛子さま(当時は皇太子妃雅子さま)(2004年 宮内庁提供)
陛下撮影ビデオの雅子さまと愛子さま(当時は皇太子妃雅子さま)(2004年 宮内庁提供)

2009年 築50年近く…老朽化で本格的な改修

2008年8月末の改修工事に伴い、両陛下は、赤坂東邸に一時的に居を移されています。

赤坂東邸でのご生活は3度目です。

建設から約50年経とうとする建物の老朽化が進んだことから、1年掛け本格的な改修工事を行うためでした。

老朽化した配管の交換、内装の張り替えが行われ、合わせて事務等の屋根にはソーラーパネルを設置、照明をLEDライトに交換するなど環境に考慮した改修工事でした。

また、関係者によれば、お部屋の雰囲気をできるだけ1960年の完成当時に戻したということです。総工費は約10億円となりました。

両陛下が東宮御所に戻ったのは、2009年8月で、それ以降、約12年「東宮御所」から「赤坂御所」と名前は変わりましたが、同じ建物に住まわれたのです。

2022年 再び上皇ご夫妻のお住まいへ改修

上皇ご夫妻が住む「仙洞御所」とするため行われた改修工事は、2021年9月から始まり、翌年4月、私室部分と接遇部分の改修がほぼ終わったことから、上皇ご夫妻は、東京・高輪の「仙洞仮御所」から思い出深い赤坂の「仙洞御所」へと移居されました。

仙洞御所に到着された上皇ご夫妻(2022年4月)
仙洞御所に到着された上皇ご夫妻(2022年4月)

今回の改修工事では、私室部分にエレベーターや手すり、スロープなどバリアフリー化が行われたほか、事務部分に医療体制を充実させるスペース、さらに上皇ご夫妻の品々を収めるための書庫など約200㎡が増築されました。

公室部分にはバリアフリートイレも
公室部分にはバリアフリートイレも

改修費は、約6億4000万円となる見通しで、総面積は約6120㎡で、1960年の建設当時と比べると約1800㎡増えたことが分かります。

上皇ご夫妻が移り住まれた仙洞御所
上皇ご夫妻が移り住まれた仙洞御所

室内については、上皇后さまから、以前部屋がどのように使われていたか聞き取り、できるだけ当時と同じような形で部屋を整えたということです。

上皇ご夫妻とお子さまたちの思い出の場所

お庭には、美智子さまのお印、白樺や、お二人が出会った長野県軽井沢町の花、ユウスゲ、東日本大震災の被災地に咲くハマギクなど、お二人の思い出の樹木や草花が植えられていくということで、これからお二人でお庭を作られていくことになるでしょう。

お引っ越しにあたり、上皇后さまは、2018年10月のお誕生日に寄せた文書の中で、以前住んだ「東宮御所」についてこう綴られています。

「仙洞御所となる今の東宮御所に移ることになりますが、かつて30年程住まったあちらの御所には、入り陽(ひ)の見える窓を持つ一室があり、若い頃、よくその窓から夕焼けを見ていました。3人の子ども達も皆この御所で育ち、戻りましたらどんなに懐かしく当時を思い起こす事と思います」

昭和46年(1971年)11月 お庭でバドミントンを楽しまれる当時の皇太子ご一家
昭和46年(1971年)11月 お庭でバドミントンを楽しまれる当時の皇太子ご一家

実は、「東宮御所」からの夕焼けについては、黒田清子さんが中等科時代に書いた詩「母の日に」にも描写があるのです。

母の日に夕焼けの絵を描いた
夕焼けはどこか母に似ているから
夕焼けの絵を描いた
ただ、それだけの絵なのに
母は大事にたなの上にかざってくれた
夕焼けのよく見える
窓の近くにかざってくれた

この建物の2階の西側に面したお部屋からご覧になった夕焼けには、色々な思い出が詰まっていることが良く分かります。

2005年のお誕生日の文書では、嫁がれる当時の紀宮さま、黒田清子さんとの思い出について、「自然のお好きな陛下のお傍で、二人の兄同様、清子も東宮御所の庭で自然に親しみ、その恵みの中で育ちました。小さな蟻や油虫の動きを飽きることなく眺めていたり、ある朝突然庭に出現した、白いフェアリー・リング(妖精の輪と呼ばれるきのこの環状の群生)に喜び、その周りを楽しそうにスキップでまわっていたり、その時々の幼く可愛い姿を懐かしく思います」と綴られています。

庭で愛犬と散歩する紀宮さまと美智子さま
庭で愛犬と散歩する紀宮さまと美智子さま

名前は色々変わりましたが、「仙洞御所」の場所は、お子さま方との思い出もたくさん詰まっているのです。

ブランコや滑り台、砂場などでお子さま方と遊ばれた「東宮御所」のお庭。


お子さまが大きくなられるまで、上皇后さまがお弁当を作り続けられた台所。

昭和36年(1961年)10月 台所で調理される上皇后・美智子さま
昭和36年(1961年)10月 台所で調理される上皇后・美智子さま

「仙洞御所」には思い出がいっぱい詰まっていますが、これから新たに上皇ご夫妻、お二人の平穏な日々の思い出が刻まれていくお住まいになっていくのです。


参考文献:皇居造営・東宮御所 

(FNNプライムオンライン7月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース