百貨店で見つけた“珍グルメ” シャキシャキ感が絶妙な「ごぼうのメンチカツ」は150円で肉しっかり【三重発】

地域 旅と暮らし

三重県四日市市の近鉄百貨店では地元の魅力を発信していて、様々なグルメや特産品に出会うことができる。

“ごぼうメンチカツ”に窯焼きピザ


近鉄百貨店の1階、食品売場の「モクモク手づくりファーム」には、伊賀に牧場を持つ会社が自社で作るグルメが並んでいる。


ハム工房で作られたソーセージに…。


注文を受けてから焼きあげるピザ。


ごぼうのメンチカツは、シャキシャキ感が味わえる珍しいグルメだ(1個150円)。


肉とごぼうのスライスが重なるようになっていて、しっかりと肉が入っている。


イートインスペースもあり、できたてを食べることができる。

地元の特産品を集めた「伊勢路テラス」


「伊勢路テラス」は、四日市をはじめとする三重県の特産品を扱うコーナーだ。


かぶせ茶は、四日市市の水沢地区が生産量日本一。


抹茶では、鈴鹿抹茶の「鈴峰の誉」が人気だ。


三重の地元のおいしさが詰まったエリアだ。

すぐに食べられる 香ばしくやわらかな”うなぎの蒲焼き”


「うなぎ松岡」は、自社養殖場をもつ四日市に本店があるうなぎの専門店。


うなぎのかば焼きはタイミングがよければ、できたてが購入できる。


こちらにもイートインコーナーがあり、その場で食べることができる。

(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン8月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース