まるで秘密基地!室内スケートパーク誕生 意外な施設を改装し、子どもたちの居場所に【沖縄発】

地域 旅と暮らし

2021年の東京オリンピックで、西矢椛選手が日本史上最年少の金メダリストに輝くなど、一躍注目を集めたスケートボード。沖縄にあるユニークなスケートパークは、地域のこどもたちの居場所になっている。

東京五輪の代表コーチが手がけた新たなパーク

植草凜アナウンサー:
沖縄市のパークアベニューです。ストリートカルチャー溢れるコザの街で、スケートボードが楽しめる施設がこちらです。


植草凜アナウンサー:
スケートクラブオリオン!中は広々として開放的なスケートパークになっています!


2021年1月に誕生した、県内で唯一の室内スケートボード施設。「スケートクラブオリオン」を運営するのは、沖縄県内初のプロスケートボーダーの才哲治さん。過去3度、日本チャンピオンに輝き、2021年の東京オリンピックでは代表コーチも務めた。


店内をよく見ると、バーカウンターやミラーボールなど、スケートパークらしからぬ設備の数々…。


これは一体何なのか?

スケートクラブオリオン代表 才哲治さん:
もともとはベトナム戦争時、外国人向けのショークラブだった。夜のお店ですね。そこが閉店してしばらく閉まっていたところを、僕らが縁があってお借りすることができた


30年以上使われていなかったショークラブを才さんや関係者が改装し、縦横無尽にスケートボードを楽しめる空間に生まれ変わらせたのだ。天井を高くするため新設した中2階には、滑った後に休憩できる“VIPルーム”のようなスペースも。


元の建物を活かしつつ、スケボーを楽しめる空間に

安らぎの場所には、かつての店の名残があった。

スケートクラブオリオン代表 才哲治さん:
昔のショークラブ時代のメニュー表とか、許可証みたいな


植草凜アナウンサー:
風俗営業と書いてますね

スケートクラブオリオン代表 才哲治さん:
ちょっと貴重なやつなんです

さらに2階にあがると…。

植草凜アナウンサー:
元々は人が住んでいたスペースですか?


スケートクラブオリオン代表 才哲治さん:
そうです。床があって、ほぼ全部畳でした。欄間は残しながら


当時、ショークラブのオーナーが暮らしていた2階には、楕円を半分に切ったような形の練習施設「ミニランプ」を設置している。


植草凜アナウンサー:
ここにはよく来られるんですか?

お客さん:
はい、週3回くらいかな。みんなスケボーが好きで、自由にスケボーできるから好き


1階も2階も…建物全体がまるで秘密基地のようなスケートパークだ。

”地域との距離”近づけたい ここで出会った中学生たちも

スケートクラブオリオン代表 才哲治さん:
もともと道向かいで、ハーフパイプの施設をやっていた。地域の方々、近くのおばあたちや子供たちが練習しているのを見に来たり、近所の人が「いつも頑張っているね」と声をかけてくれたり、涼みに来たり。地域とスケートボードの関係がうまくできているなと、すごく感じていた


より地域とスケートボードの距離を近づけ、その可能性を広げたいと生まれたのがこのスケートクラブオリオン。


改装の費用は利用者の寄付やクラウドファンディングで多くを賄い、廃材の提供など地域の支援もあった。

スケートクラブオリオン代表 才哲治さん:
僕らがやりたい事を地域に理解して頂いているので、コザでやっていて良かったなと凄く思います


才さんが目指すのは、児童館のような地域の子どもたちの居場所。天候や暑さを気にせず滑る事ができるため、夏休みの間は大勢のこどもたちが集まる。

植草凜アナウンサー:
みんなにとってどんな場所ですか?

中学生:
遊び場!


植草凜アナウンサー:
3人はどこで出会ったの?

中学生:
ここです


スケートクラブで出会ってまだ3カ月という3人だが、夏休みはほとんど毎日通って技を磨いている。

中学生:
自分が好きな事に、ここを通して出会う事ができたし、色んな人と関りを持つことができた


子どもたちは大切なこの場所がより親しまれる施設になるよう、店の前に地域新聞を張り出すなど様々な活動を行っている。

中学生:
この楽しい空間を作ってくれて、いつもありがとうございますじゃん。ね? 


スケートクラブオリオン代表 才哲治さん:
模範解答は「お家より心地いい」とか言ってくれれば良かったのに(笑)

遊びは自由な発想から進化「可能性を広げてほしい」

東京オリンピックを境に、日本中でさらなる盛り上がりを見せるスケートボード。才さんはスポーツとしての人気が高まっていても、その本質は何ら変わらないと話す。

スケートクラブオリオン代表 才哲治さん:
僕らからすると、結局は何も変わっていないというのが正直なところで。スケートボードはもともとベースになるのは遊びの部分で、遊びは自由な発想から進化していくので、遊びがベースになっている事でスケートボードの凄さだったり、素晴らしさだったり可能性が広がるので


スケートクラブオリオン代表 才哲治さん:
みんなの近くにスケートボードがある環境を作って、そこからスケートボードが助けてくれる人、育ててくれる人たちを逃さないようにチャンスを与えたい

いつの日か、未来のオリンピアンがここから誕生するかもしれない。


スケートクラブオリオン代表 才哲治さん:
スケートボードを大きくしていくような人が生まれてくれたらいいなと思います。僕が追求できなかった、まだ分からない可能性もあると思うので、そういうのを見つけてくれる人になれば良いですね

(沖縄テレビ)

(FNNプライムオンライン8月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース