「ステンドグラスクッキー」の輝きに”キュン” 飲食店経営者がコロナ禍で焼き菓子販売に挑戦【広島発】

地域 旅と暮らし

コロナ禍に立ち向かいながらも”心のときめき”を信じて挑戦を続ける飲食店の女性経営者。その勇気が、新たなビジネスにつながった。彼女が魅せられたのは、キラキラと輝くクッキーだった。

オープン1年半で休業…コロナ禍で焼き菓子販売へ転換

人通りが戻り始めた夜の街。開店の準備に追われているのは高橋真美さん。広島市中区の繁華街で会員制のカフェ&バー「サマンサ」を経営している。

広島中区の会員制カフェ&バー「サマンサ」
広島中区の会員制カフェ&バー「サマンサ」

念願かなって、この店をオープンしたのは2018年。しかし、新型コロナの影響でオープンからわずか1年半で休業を余儀なくされた。

会員制カフェ&バー「サマンサ」・高橋真美さん:
一人なので、何とか頑張ってやっていけるんですけど…やっぱり大変ですね


コロナ禍で高橋さんは考えた。それまでサービスで提供していた焼き菓子を販売しようと工房を作り、お客の要望に応じて製造を始めたのだ。

工房で焼き菓子を製造する高橋さん
工房で焼き菓子を製造する高橋さん

お菓子作りへのこだわりは素材。国産小麦にこだわったり、マーガリンではなくバターを使っているという。


会員制カフェ&バー「サマンサ」・高橋真美さん:
私にはお菓子作りがあったので、お店の経営からお菓子作りへ転換できました。今だから思えることですが、コロナがいいきっかけになったと捉えています

クッキーを彩るキャンディが”ステンドグラス”のよう

以前、高橋さんはヘアメイクアーティストとしてブライダルを中心に活動していた。

ブライダルのヘアメイクを担当していた高橋さん(左)
ブライダルのヘアメイクを担当していた高橋さん(左)

その時に出合ったのが、キラキラと輝くガラスのようなクッキー。生地を型で抜いたクッキーにキャンディを流し入れて作られる。光を当てると、まるでステンドグラスのよう。

色とりどりのキャンディーが流し込まれた「ステンドグラスクッキー」
色とりどりのキャンディーが流し込まれた「ステンドグラスクッキー」

SNSなどでも人気があり「ステンドグラスクッキー」と呼ばれている。


会員制カフェ&バー「サマンサ」・高橋真美さん:
ステンドグラスクッキーを知って、かわいかったし、キレイだったし…キュンときたんですね

会員制カフェ&バー「サマンサ」・高橋真美さん
会員制カフェ&バー「サマンサ」・高橋真美さん

高橋さんのステンドグラスクッキーは徐々に人気が出て、商品を置いてくれる店も増えてきた。

商品を扱うエステティックサロン:
めっちゃかわいいです。子どもにも好評なので、お母さんが買って帰られます


商品を扱うワインバー:
こういうのを作ってほしいと言ったら、もうベストな焼き菓子を作ってくれるんで


高橋さんは注文販売のスタイルを強みにしている。「売れ残ったお菓子を捨ててしまうより、注文を受けて作る方がフードロスを避けることもできていい」と話す。

会員制カフェ&バー「サマンサ」・高橋真美さん:
何事もやりたいと思ったことはチャレンジできたらなと思います。頑張ります!

ハロウィーンのステンドグラスクッキーを光にかざす
ハロウィーンのステンドグラスクッキーを光にかざす

”心のときめき”から始まった高橋さんの新たな挑戦。これからも夢は広がっていく。

(テレビ新広島)

(FNNプライムオンライン11月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 広島県