イーロン・マスク氏 従業員大量解雇を通告 ツイッター社CEO

経済・ビジネス 国際・海外


ツイッターを買収しCEOとなったイーロン・マスク氏が、従業員を大量に解雇することを通告したと、アメリカのメディアが報じた。

現地のメディアは、ツイッターのマスクCEOが従業員に対し、日本時間の5日午前1時までに、一時解雇されるのか、会社に残ることができるのかをメールで通告することになっていて、すでに通告を受けた人もいると伝えている。

通告の間は、従業員は出社できず、顧客情報の持ち出しの懸念から、会社のシステムにアクセスできないという。

解雇の規模は、世界の従業員およそ7,500人の半数に及ぶ規模になるとみられている。

人件費などのコストを削減し、業績不振が続くツイッターの経営を立て直す狙いがあるとみられている。

(FNNプライムオンライン11月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース