「スピーカーにボーロが入って取れない」難題に“ツイッター民の知恵”が集結!約1時間でスピード解決の舞台裏を聞いた

暮らし 話題・トレンド

突然のトラブルにTwitterで助けを求めたら、ユニークなアイデアが続々集まりスピード解決…そんな出来事が話題だ。

急募 スピーカーの中に入ったボーロを取り出す方法 赤ちゃんがいれちゃった

助けを求めたのは、不整地産業向けのハードウェアを研究開発する「CuboRex」の代表取締役CEO・寺嶋瑞仁(@simakaze01)さん。スピーカーの中にお菓子の「ボーロ」を赤ちゃんが入れて取れなくなったという。

スピーカーにボーロが入ってしまった(提供:寺嶋瑞仁さん)
スピーカーにボーロが入ってしまった(提供:寺嶋瑞仁さん)

しかもスピーカーはドーム型。上部に穴が開いていて、円形の管が内側に入り込んでいる構造のため、逆さにするだけでは簡単には出てこない。

悩ましい状態に“ツイッター民”が集合

一筋縄ではいかない難題に、寺嶋さんは悪戦苦闘したものの取り出せず、TwitterにSOSを出すことに。すると“ツイッター民”が続々と反応し「曲がるストローで吸い込む」「針金の先端に強力な両面テープを貼る」といったものから、「ボーロ用の容器にする」「NASAに頼んで宇宙空間に持っていく」というものまで、多くのアイデアが寄せられた。

匠_sistalさんのアイデア(提供:匠_sistalさん)
匠_sistalさんのアイデア(提供:匠_sistalさん)

そうした中、匠_sistal(@legopenguin74)さんが提案したのは、スピーカー上部の穴に紙を丸めて筒として入れて、本体を傾けるというもの。
寺嶋さんが身近な紙で筒を作り、試してみると…。ボーロが、きれいにポロンと取り出せたのだ。寺嶋さんは「解決しました。かなり天才的な方法」として、取り出す様子の動画を投稿しつつ、匠_sistalさんにお礼。

ボーロを取り出す瞬間(提供:寺嶋瑞仁さん)
ボーロを取り出す瞬間(提供:寺嶋瑞仁さん)

Twitterでは「まさに三人寄れば文殊の知恵」「守りたいこの笑顔」などと、祝福が相次いだ。SOSの投稿は6万以上、解決の投稿には2万5000以上のいいねを集めている(11月4日時点)。

試行錯誤したがうまくいかず…半分冗談のような状態でした

SOSを出したのが、10月29日の午後4時58分。取り出せた報告が午後6時6分で、約1時間のスピード解決だったことになる。それにしても、ボーロはなぜ入ってしまったのか。Twitterで助けを求めたのはどうしてだろう。寺嶋瑞仁さんに話を聞いた。


――スピーカーにボーロが入った経緯を教えて。

10月29日の午後4時~5時前の間だったと思います。複数人でバーベキューをしていたとき、1歳の赤ちゃんが食べていたボーロをスピーカーに入れてしまいました。実はスピーカーは他の人が持ってきたもので、赤ちゃんは別の親御さんのお子さんです。


――取り出すためにどのようなことをした?

スピーカーをひっくり返したりしましたが、ボーロが飛び跳ねるだけ。次に棒に粘着テープをつけて取ろうとしたのですが、粉がつくだけ。試行錯誤をしましたがうまくいきませんでした。


――Twitterで助けを求めたのはどうして?

赤ちゃんの親御さんがすごく焦っていまして。解決の見通しが立たずに帰すことになるのはどうかと思い、頼みの綱としてTwitterで聞こうと思いました。半分冗談のような状態でもありましたので「何かしらの反応はあるのでは」というところでした。

親御さんたち「Twitterってすげー」

――匠_sistalさんの方法で取れた時の気持ちは?

投稿動画の私の表情あのままですね。あれが全てを物語っています。Twitterではいろいろな反応をいただきましたが、家ですぐにできそうだったのが(匠_sistalさんの)アイデアで、試してみようとやってみたら取れました。とても感謝しています。

取れた瞬間は安堵の表情(提供:寺嶋瑞仁さん)
取れた瞬間は安堵の表情(提供:寺嶋瑞仁さん)

――寄せられたアイデアで印象深いものはある?

ねずみを入れてみるといったものですね、掃除機で吸い込むというものもありました。掃除機は試してみたかったですね。再発防止策として(スピーカー上部に)網やスポンジを置いたり(使わないときは)塞いでおくという方法もあったと思います。


――協力してくれた人たちに伝えたいことはある?

感謝しています。Twitterもこのように有効活用できるんだという思いですね。赤ちゃんの親御さんたちは「Twitterってすげー」となっていました。

取るために作った筒(提供:寺嶋瑞仁さん)
取るために作った筒(提供:寺嶋瑞仁さん)

――ちなみに、取れたボーロはどうなったの?

実は入れた赤ちゃんが掴もうとして、お母さんが全力で阻止していました。そのままだと、スピーカーに入ったものを口に入れるところだったからだと思います。


助けを求める人に続々とアイデアが集まる、Twitterの良さが分かる出来事だと言えるだろう。いざというときに頼ってみるのもいいかもしれない。

(FNNプライムオンライン11月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース