冨川芽生さんの遺体 故郷の北海道に 韓国雑踏事故で犠牲

社会


韓国・ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)で起きた雑踏事故で犠牲となった冨川芽生さんの遺体が、ふるさとの北海道・根室市に戻った。

韓国に留学中、事故に巻き込まれ死亡した冨川芽生さん(26)の遺体は5日午後、北海道の中標津空港に到着し、棺の納められたコンテナが降ろされた。

静かに霊きゅう車へ乗せ替えられた白い棺に対し、空港職員が頭を下げる場面もあった。

田中うた乃記者「冨川芽生さんのご遺体をのせた霊柩車が、地元・根室市の斎場に到着しました」

その後、棺は、冨川さんの生まれ育った根室市内にある葬儀場に運ばれ、父親の歩さんなどによって迎えられた。

冨川さんの通夜は、6日に執り行われる予定となっている。

(FNNプライムオンライン11月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 北海道