天皇陛下が前立腺MRI検査 「やや懸念される傾向」

社会 皇室


天皇陛下は6日、東京大学医学部附属病院で前立腺のMRI検査を受けられた。

6日午前9時過ぎ、陛下は、皇居から車で東京・文京区の東大病院に向かわれた。

宮内庁によると、陛下はこれまでの検診で前立腺がんなどの可能性を調べる腫瘍マーカーのPSAの数値に「やや懸念される傾向」が見られ、前立腺に疾患がないか調べるため、MRI検査を受けられた。

陛下は自覚症状はなく、10月には即位後、初めて沖縄県を訪問し、11月も文化勲章の親授式やドイツ大統領夫妻との面会など、連日公務に臨み、普段通り過ごされている。

検査を終えた陛下は、6日午後1時過ぎ、居合わせた人たちに穏やかな表情で手を振り、病院を後にされた。

検査結果は後日、公表される見通し。

(FNNプライムオンライン11月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 皇室・王室 皇室