激戦州にバイデン大統領とトランプ氏 米中間選挙 8日に投開票

国際・海外


アメリカの中間選挙が8日に迫る中、バイデン大統領とトランプ前大統領が、激戦州を同時に訪問し、激しい批判を繰り広げた。

民主党・バイデン大統領「2年前の大統領選では、みんなの力でトランプ前大統領を敗北に追い込んだ」

バイデン大統領は、オバマ元大統領とともに、東部ペンシルベニア州のフィラデルフィアで演説し、「トランプ政権で経済は破綻していた」と批判し、自らの経済政策の実績をアピールした。

共和党・トランプ前大統領「国の崩壊を止め、アメリカンドリームを守りたいなら、共和党に投票しなければならない」

一方、トランプ氏もペンシルベニア州西部の空港で演説し、バイデン政権が「雇用を壊し、インフレで家庭の首も絞めている」と厳しく批判し、共和党への支持拡大を訴えた。

中間選挙は、8日に投開票が行われる。

(FNNプライムオンライン11月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース