バイデン VS トランプ 激戦州奪い合い 米中間選挙 8日投票

国際・海外


アメリカの中間選挙は選挙戦最後の日曜日を迎え、バイデン大統領とトランプ前大統領は、激戦州で、それぞれ有権者に支持を訴えた。

アメリカ・バイデン大統領「私たちの生涯で、最も重要な選挙まであと2日だ。この選挙は国民投票ではなく、2つの根本的に異なるアメリカ像の選択だ」

ニューヨーク州での演説で、バイデン氏は、自らの経済政策の実績を強調した。

一方のトランプ氏はフロリダ州で、政権批判を繰り返しながら支持を訴えた。

アメリカ・トランプ前大統領「私たちはアメリカ第一を望んでいる。アメリカを再び偉大にしたいのだ、もう一度」

バイデン政権の今後2年間の政権運営を左右する中間選挙は、上院で大接戦となるのに対し、下院は、共和党が多数派を奪還する公算が大きくなっている。

投票は、8日に行われる。

(FNNプライムオンライン11月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国