【速報】公明・山口代表「あえて党首会談をやる状況ではない」 立憲民主・岡田幹事長発言に反論

政治・外交


旧統一教会の問題をめぐり、立憲民主党の岡田幹事長が、被害者救済の法整備を今の国会で実現するため、与野党の党首会談を開くよう要求していることについて、公明党の山口代表は7日、「合意のできたところから法案を順次出していくという姿勢はもう確立されている」として、「あえて党首会談をやらなければならないという状況ではない」との認識を示した。その上で、「むしろ実務者協議をしっかり真摯に進めていくということが重要だと思う」と述べた。

また、山口代表は、今の国会での新法成立の見通しについて問われ、「与野党協議の場でやりとりされたことを生かしながら、野党案とは違った形で法案が作れればいいと期待したい」と述べた。

(FNNプライムオンライン11月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 公明党