YOSHIKIさん追悼「彼の才能は飛び抜けていた」「まさか遺作に…」 プロデュースのYOSHIさん(19)が交通事故で急死

文化

歌手や俳優として活動するYOSHIさんが、わずか19歳で急死。衝撃が広がっている。


バンドボーカルとして、デビューに向け準備中

YOSHI(本名・佐々木嘉純=ささき よしずみ)さんは、11月5日午前0時過ぎ、神奈川県川崎市の交差点を自身が運転するバイクで直進したところ、右折してきたトラックと衝突。


搬送先の病院で死亡が確認された。この事故で、トラックの運転手が現行犯逮捕されている。

事故現場の交差点には、花などが供えられている
事故現場の交差点には、花などが供えられている

YOSHIさんは、X JAPANのYOSHIKIさんがプロデューサーを務めるオーディション「YOSHIKI SUPERSTAR PRPJECT X」に参加。バンドボーカルに選ばれ、デビューに向け準備を進めていた矢先だった。


突然の訃報にYOSHIKIさんは、自身のツイッターで追悼の言葉を寄せている。

「LAにいる。今、いろいろな情報が入ってきた、心の整理がつかない、少しだけ時間が欲しい」「信じられない。。もうプロデュース始まってた Vocal,YOSHIの声,この新作で聴ける まさか遺作になるなんて 心よりご冥福をお祈り致します」「彼の才能は飛び抜けていた」

YOSHIKIさんは「信じられない。。もうプロデュース始まってた」とツイッターに心境をつづった
YOSHIKIさんは「信じられない。。もうプロデュース始まってた」とツイッターに心境をつづった

所属事務所は「YOSHIの冥福を心より祈ると共に、生前、応援をいただいた皆様に心より感謝申し上げます」とコメントしている。

(「イット!」11月7日放送)

(FNNプライムオンライン11月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 芸能