旧統一教会へ「質問権」行使基準の素案固まる 8日有識者会議で議論

社会 政策・行政


旧統一教会に対する「質問権」を行使する基準について、文部科学省は素案を固め、法令違反が繰り返されているケースや被害が重大なケースを対象にする方向で調整している。

関係者によると、文科省は旧統一教会に対して「質問権」を行使する基準について、法令違反が繰り返されているケースや被害が重大なケースを対象とする方向で調整している。また、行使にあたっては客観的な根拠に基づくこととし、裁判所などの公的機関の判断も根拠にできるとする方針。

一方で、一度だけの法令違反や偶発的な違反は対象にはならない方向で検討しているという。

文科省は、8日に行われる有識者会議でこの素案について議論したのち、正式に基準を決めることにしている。

(FNNプライムオンライン11月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース