警察の前署長らを本格捜査 156人死亡 ソウル雑踏事故

国際・海外


150人以上が死亡した韓国・ソウルの雑踏事故で、対応の遅れが問題となっている地元警察の前署長らへの本格捜査が始まった。

韓国警察庁の特別捜査本部は7日、業務上過失致死傷などの疑いで、前署長ら6人への本格捜査に着手したと発表した。

前署長は事故発生の44分後、現場から1kmほど離れた場所を歩く姿がとらえられていて、現場到着は発生の5分後とする報告と食い違っている。

また、韓国メディアは、前署長が現場の状況を確認しようとした大統領府からの電話に出ず、掛け直すこともしなかったと伝えている。

(FNNプライムオンライン11月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース アジア