野党の辞任要求に「職責果たす」 “政治とカネ”寺田総務相

政治・外交


政治資金管理団体をめぐる一連の疑惑で追及されている寺田総務相は、8日の国会で野党側が辞任するよう求めたのに対し、引き続き職責を果たすとの考えを強調した。

立憲民主党・後藤祐一議員「もう、政治資金規正法を所管する総務大臣を辞めるべきだと思いますが、いかがですか?」

寺田総務相「しっかりと職責を果たしてまいります」

野党側は、寺田大臣個人が関係団体に貸し付けた600万円について、翌年以降の政治資金収支報告書に記載されていないとする、一部報道の確認を求めた。

寺田大臣は、関係団体について「収支をチェックする立場ではない」としたうえで、600万円はその後、返済を受けたと説明し、記載の詳細については確認中としている。

また、別の政治団体の代表者が、すでに「辞任した」と主張していることについては、「先週4日付で代表の異動届を出した」と述べた。

(FNNプライムオンライン11月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース