新しい救済法 今国会にも提出 “統一教会”めぐり政府与党検討

政治・外交


旧統一教会の被害者救済の法整備をめぐる、与野党4党の協議が難航する中、政府与党は救済の新しい法案を、早ければ今の国会に政府として提出することを検討している。

松野官房長官「(旧統一教会の被害者救済の)必要な法制度の整備を進めていく。速やかに検討を行い、準備ができたものから、早期に提出してまいりたい」

立憲民主党と日本維新の会は、すでに救済法案を国会に提出しているが、与党側はマインドコントロールによる高額献金の規制や、家族などの取り消し権に否定的。

与野党の溝が埋まらない中、岸田首相は自民党の萩生田政調会長と会談し、被害者救済の新しい法案の検討を進めることを確認した。

早ければ今の国会への提出も検討しており、まもなく公明党の山口代表と会談し、こうした方針を伝える見通し。

立憲・安住国対委員長「来週の14日までに、新法の条文をきちっと作って、われわれに提示するよう、提案をさせていただく」

一方、立憲、維新両党は、14日までに新しい法案の内容を示すよう要求し、与野党の攻防が続いている。

(FNNプライムオンライン11月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース