「犬」めぐり韓国で押し付け合い 実は金正恩総書記の“プレゼント” 文前大統領「もう飼わない」

国際・海外


南北友好の証として、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記が韓国に贈った犬。
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)前大統領が返却しようとして、物議を醸している。

白い毛並みに人懐こい表情。
愛くるしい犬をめぐって、今、韓国国内で騒動になっている。

この犬を誰が飼うべきかで、現在の飼い主である文前大統領と尹錫悦(ユン・ソンニョル)現大統領側との間で、押し付け合いが発生しているのだ。

そもそもの発端はこの犬の贈り主。
実は、北朝鮮の金正恩総書記から贈られた犬。

この犬は、豊山(プンサン)犬と呼ばれる、北朝鮮原産の犬種。
飼い主に尽くす猟犬として知られる希少種で、北朝鮮の天然記念物に指定されている。

さらに、豊山犬は韓国と北朝鮮との間における「友好の証し」という意味合いも持っている。

2018年の首脳会談では、金総書記から文氏に、オスとメス、2匹の豊山犬が贈られた。

そのあと子犬も生まれ、文氏は大統領退任後も、自宅でこの豊山犬を飼っていた。

ここで、問題が発生。
韓国の法律では、本来、大統領が受け取った贈り物は、国の専門施設で保管をすることになっている。

一方、犬は生き物なので、保管はできず、国からの飼育費用を受け取ることで、文氏が引き続き面倒を見る契約が結ばれた。

ところが、この飼育費用が支払われていないとして、文氏が「犬をもう飼わない」「政府に返したい」との意向を示しているのだ。

月額およそ26万円ともされる飼育費用を払うとの契約が結ばれたのは、文前政権時代のこと。

これに対し尹大統領側は、「費用については調整中」とする一方、以前から「文氏が飼うべき」との考えを示していた。

韓国・尹大統領「(金総書記との間で)何かがあったとしても、飼っていた飼い主がずっと飼うべきじゃないかな。わたしはその方が正しいと思う」

犬をめぐっての、新旧大統領の押し付け合い。
ソウル市民からは、さまざまな声が聞かれた。

ソウル市民「(国で管理する)機関が別になければ、引き続き、育てた人が育てるのがいい。どれだけ(金額が)かかるかの問題ではなさそうだ」

ソウル市民「(支払う)約束が履行されないなら、当然、国が責任を負わなければならない」

ソウル市民「なぜ今、よりによってこのような状況に、問題を飛び火させること自体が、ある意味、大統領として資質がない」

梨泰院(イテウォン)事故や北朝鮮問題が大変な中、「このような問題で対立すべきではない」との声も聞かれた。

(FNNプライムオンライン11月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース アジア