顔画像と目の虹彩で本人認証新技術 顔がほとんど隠れていても

経済・ビジネス 技術・デジタル


顔がほとんど隠れていても、一瞬で見分ける生体認証デバイスが発売。

NECが今回発売した生体認証デバイスは、顔の画像で本人確認をする顔認証技術と、目の中の虹彩で確認する虹彩認証技術を搭載している。

NEC生体認証・映像分析統括部 木村恵さん「顔と虹彩は、生体認証の中で精度が高いので、その組み合わせによって今回100億分の1以下の誤認証率を達成できる」

NECは、プライバシー保護とセキュリティー強化を両立させたうえで、高度なセキュリティーが求められる政府機関や研究所、顔がはっきりと見えない医療現場などでの活用を想定している。

(FNNプライムオンライン11月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース