「J1で進化させる」就任1年目で昇格導いた監督の”結果を残す挑み方”【新潟発】

スポーツ

2022年シーズンをリーグ優勝で締めくくったサッカー明治安田生命J2・アルビレックス新潟。松橋力蔵監督が会見を開き、「充実した時間を過ごせた」とシーズンを振り返った。2023年シーズン舞台となるJ1では、「強い相手」に挑むことになる。

リーグ優勝・J1昇格 強さの秘訣は?

アルビレックス新潟​ 松橋力蔵 監督:
本当に充実した時間を過ごさせてもらった


 

シーズンを終え、やわらかい表情も見せながら会見に臨んだ、アルビレックス新潟の松橋力蔵監督。

アルベル前監督から引き継ぎ、2022年シーズンから指揮をとった松橋監督は、チームをリーグ最多得点・最少失点でJ2優勝・J1昇格に導いた。そんな松橋監督が選手に伝えていたのは…

アルビレックス新潟​ 松橋力蔵 監督:
J1昇格は普通の環境ではできない。特別なことを成し遂げるのだったら、特別な環境をつくろうと、そのために大事なのはトレーニングだということを徹底して伝えた。少しだけ雰囲気が変わったような印象は自分の中にはある


 

そして、今シーズン、チームは誰が試合に出ても結果を残す強さを見せた。

アルビレックス新潟​ 松橋力蔵 監督:
選手を戦力にするには、ピッチでの経験を早くさせる必要がある。実際の本番のゲームを早く経験させることが大きいポイントかなというのがあった


 

選手たちのマネジメントについては…

アルビレックス新潟​ 松橋力蔵 監督:
シンプルに嘘をつかないこと、真摯に向き合うこと。それだけ


 

2023年シーズンはJ1へと舞台が移るが、松橋監督は「相手をリスペクトしすぎず、自分たちのスタイルを進化させていくことが重要」だと話す。

アルビレックス新潟​ 松橋力蔵 監督:
どう進化するか、どう次のステージで良いものにしていくかが大事だと思う。J1は強い相手がいる。その相手が自分たちの能力をまたさらに引き出してくれると思っているので、そういうステージへの挑み方というのをしたい


(NST新潟総合テレビ)

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

サッカー FNNニュース 新潟県