米中間選挙まもなく投票終了 バイデン氏逆風...民主党苦戦

政治・外交 国際・海外


アメリカ・バイデン政権の行方を左右する中間選挙は、投票が始まり、あと数時間で東部の州で投票が締め切られる。

アメリカ・ワシントンから、FNNワシントン支局・千田淳一記者が中継で伝える。

アメリカでは記録的なインフレが続いていて、バイデン大統領にとっては、その逆風の中での選挙戦となっている。

選挙戦最大の焦点は、バイデン政権が連邦議会のねじれを回避できるかどうか。

現在は、上院・下院ともに民主党が主導権を握っているが、アメリカメディアは、上院は拮抗(きっこう)、下院は野党・共和党の優勢と伝えていて、どちらでも共和党が過半数を奪えば、バイデン政権の政策実現に影響が出るのは避けられない。

一方、今も共和党の顔として各地で応援演説を行い、2年後の大統領選に意欲を示すトランプ前大統領は、日本時間の9日未明に投票を行った。

トランプ前大統領「非常に重要な選挙になるだろう。願わくば、正しいことが起こり、われわれは正しいことが何であるかを知っている」

投票は日本時間の午前に多くの州で終了し、順次、開票作業が始まる。

大勢の判明は、下院は午後になる見通しで、接戦の上院は、再集計などが実施されれば、さらにずれ込む可能性もある。

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国