質問権の行使「今週中に可否判断」 “統一教会”めぐり文科相

政治・外交


旧統一教会に対する「質問権」の行使について、文部科学省が、今週中にその可否を判断する方針であることを明らかにした。

永岡桂子文科相「今週中に、旧統一教会に対する報告徴収・質問権の行使の可否を判断する」

衆議院の文部科学委員会に出席した永岡文科相は、8日、有識者会議で了承された基準案をもとに、旧統一教会に対して質問権を行使できるか、今週中に判断すると述べた。

行使できると判断した場合、文科省は、具体的な質問などを宗教法人審議会に諮問し、年内にも行使する方針。

また、委員会に出席した参考人の全国霊感商法対策弁護士連絡会の弁護士は、旧統一教会の「公的な責任を認める判断は積み重なっている」とし、「基準案にあてはまるのは明らか」と指摘した。

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース