藤井聡太五冠 初防衛に王手へ 竜王戦第4局2日目

文化


藤井聡太五冠(20)が初防衛を目指す、将棋界最高峰のタイトル「竜王戦」第4局の2日目が始まった。

8日から、京都府の「福知山城」で開かれている竜王戦の第4局。

中盤戦の佳境を迎えたところで2日目が始まり、午前9時ごろに、挑戦者の広瀬章人八段(35)の封じ手が開かれ、対局が再開した。

竜王戦七番勝負は、ここまで藤井五冠の2勝1敗で、勝てば、「竜王」のタイトル初防衛に王手がかかる。

一方の広瀬八段は、勝って巻き返したいところ。

形勢は、藤井五冠がリードしていて、広瀬八段が反撃のチャンスをうかがっている。

対局は、9日夜までに決着する見通し。

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 将棋