「救済新法」野党各党に協力要請 “統一教会”めぐり 自民・茂木幹事長

政治・外交


旧統一教会の問題をめぐり、自民党の茂木幹事長が野党各党の幹事長らと相次いで会談し、被害者救済の新たな法律への協力要請などを行っている。

9日午後から行われている一連の会談は、これまで与野党で協議していた被害者救済に向けた法案について、岸田首相が8日、今の国会にも提出する考えを示したことを受けたもの。

立憲民主党の岡田幹事長との会談で、茂木氏は、政府による法案提出の方針を説明したうえで、速やかな成立に向けた協力を要請した。

岡田氏は政府案について、来週14日に具体的に示すよう求めたものの、茂木氏は来週中に概要を示すとして折り合わなかった。

茂木氏は、9日中に日本維新の会、国民民主党、共産党とも幹事長級の会談を行う。

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 自民党