自民が「陳謝」で空転回避 「時間がない」野党との会談拒否

政治・外交


「時間がない」と会談を拒否した自民党の高木国対委員長が陳謝し、国会の空転が回避された。

日本維新の会・遠藤国対委員長「高木委員長は、(携帯)電話ないんですか?」
自民党・高木国対委員長「...」
立憲民主党・安住国対委員長「きのうは、『1分も時間がなかった』というのは、お話ししたかったのに残念でした」

高木氏は8日、旧統一教会をめぐる法案について、立憲民主党などが求めた会談を多忙を理由に断り、その後も応答しなかったことから、野党側は「国会日程が組めない深刻な事態」と激しく反発していた。

高木氏は9日、「誠に申し訳ない」と直接謝り、松野官房長官も電話で円滑な審議を要請したことで、野党側は矛を収め、国会の空転は回避された。

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 自民党