「サクマ式ドロップス」廃業へ コロナ影響 114年の歴史に幕 映画「火垂るの墓」にも登場

経済・ビジネス 旅と暮らし


赤い缶で知られる「サクマ式ドロップス」。

イチゴ、レモン、オレンジ、チョコレートなど、さまざまな味で古くから愛されてきたドロップ。

9日、そのメーカーの廃業が伝えられた。

100年以上前から「サクマ式ドロップス」で親しまれている佐久間製菓が、2023年に廃業するという。

佐久間製菓によると、廃業日は、2023年1月20日。

新型コロナウイルスの影響による販売落ち込みと、原材料価格の高騰などを受け、廃業を決めたという。

誰もが一度は食べたことがあるドロップがなくなることに、街からは驚きの声が上がった。

20代「ちょっと寂しい気もするんですけど、(最近)スーパーとか行ったら、あめのコーナーになかったりしていた」、「小さいころから普通に売っている物だから、なくなると思うと寂しい」

1908年に誕生したサクマ式ドロップスは、イギリスから輸入していたドロップを初めて国産化。

その後、太平洋戦争で工場が被害を受けたが再興し、2022年で114年目を迎えていた。

赤い缶に入ったサクマ式ドロップスが看板商品で、アニメ映画「火垂るの墓」で主人公の妹がなめていたことでも知られている。

街では「『火垂るの墓』で節子が持ってたやつ」、「カラカラって、あめが入ってないのに振ってるシーン。あめといえばそれですよね」などの声が聞かれた。

東京・お台場にある駄菓子店では9日、商品棚にサクマ式ドロップスを補充していた。

からくり百貨店・柳川貴裕店長「突然のことだったのでびっくりしました。問い合わせが数件あったようで、まとめ買いされた方がいました」

幅広い世代から惜しむ声が上がった「サクマ式ドロップス」。

一方で、緑色の缶に入った「サクマドロップス」は、別会社のサクマ製菓が製造していて、こちらは今後も製造や営業を続けるとしている。

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース