「月食写真 下手くそ選手権」 天体ショーのウラで話題

社会 話題・トレンド


右上に向かって欠けていく月。
細くなった光が消えると、赤黒く輝く姿が現れた。

8日、全国各地で観測された皆既月食。

ライトに照らされる国会議事堂の上でも、だんだん姿を隠していく月が見えた。

しかし、暗い夜空に浮かぶ月をスマートフォンで撮影するのは、なかなかの難問。

SNS上には、ぼけたり、ぶれたりした写真の数々が。

月の残像が輪っか状に連なって、ドーナツのように見える写真や、タマネギの断面になってしまった写真も。

何度撮影しても、同じ模様になったという。

さらに、オレンジ色の月が輝いていたのは、木の間。
その姿は、枝の先にぶら下がる熟れた柿。

夜空に現れた巨大な楽譜。
電線とかぶってしまったことで生まれた1枚。

そして、「いくらの魔球になった」というコメントともに投稿されたのは、分身しながら、見事なカーブを描く月。

たくさんの街灯に囲まれて、どれが本物かわからない状態になっている写真も。

こうした投稿に、SNSでは「逆に芸術的」など、称賛の声が相次いだ。

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース