「プーチンの料理人」注目 アメリカ選挙に“爆弾発言”

国際・海外


ウクライナ国防省が、SNSに投稿した映像。

ウクライナ上空とみられる場所で、移動していたヘリコプターにミサイル攻撃。
赤い炎を上げながら高度を下げ、ヘリは墜落した。

撃ち落とされたのは、ロシアの民間軍事会社「ワグネル」のヘリコプターとみられている。

戦闘員を投入して、ロシアのウクライナ侵攻を支えているとされている、ワグネル。
つい先日には、ロシア第2の都市サンクトペテルブルクに公式事務所をオープンしている。

その創設者が、プリゴジン氏。
レストランなどを経営することから、「プーチン大統領の料理人」の異名を持ち、政権の中で、急速に影響力を拡大しているとの見方がある。

そんなロシアの超大物が、ささやかれていた疑惑を公然と認め、SNSを騒然とさせた。

それは「われわれ(ロシア)はアメリカの選挙に介入してきた。今も介入しているし、これからも介入する」

現在行われている中間選挙を含め、アメリカの選挙にロシアが介入してきたという。

今後のウクライナ情勢にも影響のある、今回の中間選挙。
「プーチン氏の料理人」が認めたことは本当なのだろうか。

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州