“統一教会”による被害 救済に「刑事罰」検討

政治・外交


旧統一教会の問題をめぐり、自民党の茂木幹事長は、被害者救済に向けた新たな法律に、刑事罰を導入することも検討すると明らかにした。

自民党・茂木幹事長「悪質な勧誘等を行った法人等に対して、行政罰、最終的には刑事罰も検討することになるのではないか」

茂木氏は、政府が、今の国会への提出を目指す法案について、悪質な寄付の勧誘をした法人への罰則規定を盛り込み、刑事罰の導入についても検討する考えを示した。

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース