「メタ」1万1000人以上削減と発表 「収益が予想はるかに下回る」

国際・海外


アメリカのIT大手「メタ」は、過去最大規模の1万1,000人以上を削減すると発表した。

アメリカIT大手「メタ」は、全従業員のおよそ13%にあたる、1万1,000人以上を解雇すると発表した。

景気減速による広告収入の減少など、業績不振が理由で、メタのCEO、マーク・ザッカーバーグ氏は、「残念ながらわたしが期待したようにはいかなかった。収益が予想をはるかに下回っている。過ちの責任はわたしにある」とコメントしている。

「メタ」は、コロナ禍において急速にオンラインへの需要が高まり、従業員を増やす一方、仮想空間「メタバース」事業などにも投資を行っているが、収益には結びついていない。

(FNNプライムオンライン11月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国