【速報】「死刑のハンコを押す地味な仕事」発言 葉梨法務大臣が辞任否定「職責を全うしたい」

政治・外交


「法務大臣は、朝死刑のハンコを押して、昼のニュースになるのはそういう時だけという地味な役職だ」と発言した葉梨法相は、10日、記者団の取材に対し「職責を全うしたい」と述べ、自らの辞任を否定した。

葉梨法相は9日、自民党議員のパーティーで、「法務大臣は、朝死刑のハンコを押して、昼のニュースになるのはそういう時だけという地味な役職だ」「旧統一教会の問題に抱きつかれてしまい、一生懸命解決に取り組まないといけないということで、私の顔もいくらかテレビに出るようになった」と発言した。

葉梨法相は、10日、首相官邸で記者団に対し、発言は事実と認めた上で、松野官房長官から「軽率な言動がないように」と厳重注意を受けたことを明らかにした。

その上で、昨夜の自らの挨拶の全文を読みあげた上で、「一部切り取られて報道されたとしても、その部分において仕事を軽んじているかのような印象与える発言は今後、非常に慎重にしていく必要がある」と強調。

さらに自らの進退については「法務省の仕事は極めて重要な仕事だと昨日も発言した。しっかり言動には慎重を期しながら職責を全うしたい」と述べ、辞任を否定した。

(FNNプライムオンライン11月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース