【速報】葉梨法務大臣「死刑のハンコを押す地味な役職」発言を一転“撤回”

政治・外交


「法務大臣は、朝死刑のハンコを押して、昼のニュースになるのはそういう時だけという地味な役職だ」と発言した葉梨法相は、10日、参院法務委員会で「お詫び申し上げるとともに撤回させて頂く」と述べ、自身の発言を撤回した。

葉梨法相は9日、自民党議員のパーティーで、「法務大臣は、朝死刑のハンコを押して、昼のニュースになるのはそういう時だけという地味な役職だ」「旧統一教会の問題に抱きつかれてしまい、一生懸命解決に取り組まないといけないということで、私の顔もいくらかテレビに出るようになった」と発言していた。

葉梨法相は10日の参院法務委員会で「職務を軽んじているような印象を与える発言であるとの報道がある。このような印象を与える発言についてはお詫びを申し上げるとともに撤回をさせて頂く」と述べ、自身の発言を撤回した。

葉梨法相は10日朝に首相官邸で記者団から発言を撤回する考えがないか問われたのに対し「今のところそういう考えはない」と述べていた。

(FNNプライムオンライン11月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース