【速報】天皇陛下 MRI検査で「前立腺に肥大」 11月中に組織検査

社会 皇室


天皇陛下が受けられたMRI検査の結果について、宮内庁は「前立腺の肥大が認められ、特に懸念される所見はない」と発表した。
念のため、11月中に組織検査を受けられるという。

宮内庁によると、陛下は、11月6日に受けたMRIの検査で、前立腺の肥大が認められたという。

陛下は、これまでの血液検査で、前立腺がんなどの可能性を調べる腫瘍マーカーのPSAの数値に「やや懸念される傾向」が見られ、東京大学医学部附属病院で、前立腺に疾患がないかどうか、MRIの検査を受けられた。

その結果、前立腺の肥大が認められたが、「特に懸念される所見」はなく、念のため、11月中に組織検査を受けられるという。

公務の日程に変更はなく、陛下は今週末、兵庫県を訪問される予定。

(FNNプライムオンライン11月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 皇室・王室 皇室