葉梨法相 陳謝も「職責を全う」 「死刑のハンコの時だけニュース」

政治・外交


「死刑のハンコを押した時だけ昼のトップニュースになる」などと述べた葉梨法相は、発言について陳謝する一方、大臣の職責を全うしたいと述べた。

葉梨法相(9日)「だいたい法務大臣というのは、朝、死刑(執行)のハンコを押しまして、それで、昼ニュースのトップになるのはそういうときだけという地味な役職なんですが、今回はなぜかこう、旧統一教会の問題に抱きつかれてしまいました」

9日夜の自民党議員のパーティーでの発言をめぐり、葉梨法相は10日朝、松野官房長官に対して、発言について陳謝したあと、記者団の取材に応じた。

葉梨法相「言動には慎重を期しながら、職責を全うしていきたい。(撤回は?)今のところ、そういう考えはありません」

発言を撤回しないとした葉梨法相だが、その後、国会では「おわびを申し上げるとともに、撤回をさせていただきます」と述べた。

(FNNプライムオンライン11月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース