「死刑のハンコ」発言 審議に影響 葉梨法相は撤回・陳謝

政治・外交


「死刑のハンコを押したときだけトップニュースになる」などと述べた葉梨法相は、発言を撤回し陳謝したが、野党が反発して、国会審議に影響が出ている。

9日夜の葉梨大臣の発言により、10日午前の参議院法務委員会は、開始が1時間近く遅れ、冒頭で、葉梨大臣が陳謝した。

葉梨法相「おわびを申し上げるとともに、撤回させていただきます」

また、午後の衆議院本会議で予定されていた、法務省が所管する法律の改正案の採決が先送りとなった。

岸田首相は、葉梨大臣を続投させる意向を示しているが、野党は「資質に欠ける発言だ」として、更迭を求めている。

(FNNプライムオンライン11月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース