米中間選 まだ大勢判明せず 民主党善戦 トランプ氏は“激怒”

国際・海外


アメリカ中間選挙は、投開票から1日以上たっても大勢が判明していない。

アメリカ・バイデン大統領「(2024年大統領選への)再出馬を考えている。最終的には家族と話し合うこと。みんな出馬を望んでいるが、今後話し合う。来年の早い時期には決める」

バイデン大統領は、与党・民主党が、事前の予想を覆し善戦しているとの見方を示し、会見で、次の大統領選への出馬に意欲を示した。

一方の野党・共和党は、事前予測より10から20議席ほど少ない議席にとどまる見通しで、現地メディアは、側近の話として、トランプ氏が「激怒している」と報じている。

結果次第では、自身の再出馬の判断に影響を及ぼす可能性もある。

(FNNプライムオンライン11月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国