ロシア軍に一部撤退命令 同じ時“衝撃のニュース”も

国際・海外


住民の避難で、街が空っぽになったウクライナ南部の激戦地ヘルソンをめぐって、新たな動きが。

ロシアのショイグ国防相が、ついに「軍隊の撤退を進めなさい」と、命令を出した。

ウクライナ軍の激しい反撃を受け、ロシア軍は、ヘルソンから撤退することを決定。

一方的に併合してから、わずか1カ月余りで手放すことになり、プーチン政権にとっても大きな打撃。

その同じタイミングで衝撃的なニュースが入った。

ヘルソンの住民避難を進めていた親ロシア派幹部が、突然死亡したという。

原因は、交通事故とされているが、この人物は10月、ショイグ国防相を批判するコメントを出していた。

戦場で成果を上げるウクライナだが、市民は、電力不足と戦っている。

次々と攻撃されたエネルギー施設など。

寒さの厳しい冬に暖房が使えないという家族は、「家の中を動き回って、体を暖めています」と話した。

夜になると、街は真っ暗に。
信号の動いていない道を車が走っていく。

首都キーウのバーでは...。

キーウ在住 オレクサンドル・ロディネンコさん「キーウでは、電気が止められてしまいましたが、街全体が、今まで通りの生活をしようとしています」

コーヒー店では、手で豆をひき、サイホンで入れるために時間がかかるが、人々は我慢強く順番を待っている。

ゼレンスキー大統領は8日、キーウなどで、およそ400万人が電気を使えない状態だと明かしている。

生活の中で、戦いは続く。

(FNNプライムオンライン11月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州 ロシア