岸田首相「説明責任果たして」 「死刑のハンコ」発言 葉梨法相

政治・外交


「死刑のハンコを押した時だけトップニュースになる」などと述べた葉梨法相について、岸田首相は、記者団に「しっかり説明責任を果たしてもらいたい」と述べ続投させる考えを示した。

岸田首相「葉梨大臣については、けさ、官房長官が葉梨大臣を官邸に呼び、厳重に注意をいたしました。自らの職責の重さをしっかりと感じ、説明責任を果たしてもらいたいと思っています」

首相官邸で記者団の取材に応じた岸田首相は、葉梨大臣を続投させる考えを示したうえで、「発言にはこれからも、くれぐれもその職責の重みをしっかりと感じて丁寧に慎重に行っていただきたい」と述べた。

そのうえで岸田首相は、「職責の重さを大臣自身がしっかり感じて、この発言についても考えてもらわなければならない」と述べた。

葉梨大臣は9日夜、自民党議員のパーティーで法相としての職務について、「朝、死刑のハンコを押して昼のニュースのトップになるのは、そういう時だけという地味な役職」などと発言し、10日の参議院法務委員会で発言を撤回し、陳謝した。

(FNNプライムオンライン11月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 政府・内閣