オリーブの街へ・・・オイルは2年連続“金賞” 目標は「生産量を5年で5倍に」【大分発】

地域 経済・ビジネス 旅と暮らし

大分県国東市(くにさきし)。大分県の北東部に位置する市で、人口は2万6000人ほどだ。海と山に囲まれた自然豊かな国東市で、オリーブの栽培が盛んに行われていることをご存知だろうか?今年で15年目となる国東オリーブの「今」を取材した。

成長を続ける「国東オリーブ」

雨が少なく、温暖な気候で育つオリーブ。
100年以上前に小豆島で栽培が始まり、近年は西日本を中心に産地が増えている。

2008年に栽培が始まった国東オリーブ
2008年に栽培が始まった国東オリーブ

国東市でオリーブ栽培が始まったのが2008年。

その2年前の合併で国東市が誕生したことや、小豆島と気候が似ていることなどがあり、国東市を代表する新たな作物を作ろうと始まった。

ここまでの14年で年々規模が大きくなり、2021年にはじめて収穫量が10トンを超えた。
オリーブ栽培に参入して10年目の河野さんの農園だ。

オリーブ栽培10年目の河野さん
オリーブ栽培10年目の河野さん

河野博己さんは現在、国東オリーブ部会の部会長。
7年前から息子の嘉徳さんも加わり、家族でオリーブ栽培に取り組んでいる。

河野博己さん:
昨年やっと10トンを収穫確保できたというところで、幸い昨年もJAで国際オリーブ(オイル)コンテストで金賞を受賞したということで、少しは勢いがついてきたかなという感じがしています。

 

国際コンテストで2年連続金賞

年に一度、世界中のオリーブオイルが出品される国際コンテストで国東生まれのオリーブオイルは、2021年と2022年、2年連続で金賞を受賞した。

2021年は「JAおおいたくにさきオリーブ部会」のオリーブオイルが。

そして2022年は河野農園が独自で出品したものが金賞に輝いている。

2年連続金賞の国東オリーブオイル
2年連続金賞の国東オリーブオイル

嘉徳さんはオリーブオイルソムリエの資格も取り、オリーブオイルの知識も高めている。

河野嘉徳さん:
オリーブオイルとはどういうものなのかという自分の基礎を身につけられたので、それで自分でブレンドしてやるってことができたので、金賞が取れたのかなと思います

河野嘉徳さん
河野嘉徳さん

 

日本最大級のオリーブ農園も誕生予定

一方で、オリーブ栽培に参入する「企業」も国東市にはある。

2016年から栽培に取り組んでいる「キュウセツAQUA国東クリーブガーデン」。福岡が本社の、上下水道の維持管理を行っている会社である。

現在17haの敷地に3000本以上のオリーブを栽培しているが、反対側の斜面にも広げようと工事中で、完成すれば日本最大級のオリーブ農園となるそうだ。

日本最大級のオリーブ農園が誕生予定
日本最大級のオリーブ農園が誕生予定

キュウセツAQUA国東クリーブガーデン 光武慎司さん:
2025年には今の造成工事も終了して、直売所やレストランがオープンして、観光農園を開く予定であります

キュウセツAQUA国東クリーブガーデン 光武さん
キュウセツAQUA国東クリーブガーデン 光武さん

 

台風にも屈せず「生産量を5倍に」

2022年9月の台風で、収獲直前だった国東のオリーブは15年目にしてはじめて大きな被害を受けた。

しかし生産者たちは、2022年に定めた「5年後に生産量を5倍にする」という目標にむけて、すでに気持ちを切り替えている。

河野博己さん:
早く全国に通用する本格的な産地に、オリーブ産地にしたいと今心新たにしているところです

収穫シーズン真っただ中
収穫シーズン真っただ中

国東の街はオリーブの街へ。

15年目の秋。収獲、真っただ中だ。

(テレビ大分)

(FNNプライムオンライン11月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 大分県