【速報】ウクライナで戦闘参加の20代の日本人死亡 官房長官

国際・海外 政治・外交


松野官房長官は、11日の会見で、ウクライナで戦闘に参加していた20代の日本人男性の死亡が確認されたと明らかにした。

松野長官は、「在ウクライナ日本国大使館からウクライナ当局に確認を行ったところ、ウクライナにおいてロシア軍との戦闘に参加していた20代の日本人が、現地時間11月9日に死亡したことが、現地時間10日に確認された」と明らかにした。
そして「大使館が、日本人保護の観点から、家族への連絡と必要な支援を行っている」と述べた。

SNS上では、ロシア軍との戦闘に参加した日本人義勇兵が亡くなったとの情報が投稿され、政府が事実関係の確認を行っていた。

また、松野長官は、「政府としては、ウクライナ全土に退避勧告を出しており、どのような目的であれ同国への渡航はやめていただきたい。すでに滞在されている方は、安全を確保した上で直ちに退避していただきたい」と強調した。

(FNNプライムオンライン11月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州 政府・内閣 ウクライナ