【証言】「きのうはとても元気そうでした」元プロ野球・村田兆治さん自宅火事で死亡 ひとり暮らしの情報も 東京・世田谷区

社会

きょう未明、東京・世田谷区の住宅で火事があり、この家に住む元プロ野球選手の村田兆治さんが死亡した。死因は、一酸化炭素中毒の疑いがあるとのこと。関係者は取材に対して「きのうはとても元気そうでした」と話した。往年の名投手に何が起きたのか。

午前3時すぎ、世田谷区成城で、元プロ野球選手の村田兆治さんの自宅から出火。火は、住宅の2階部分およそ40平方メートルを焼いて、およそ2時間半後に消し止められた。この火事で、村田さんが救助され、病院に運ばれたが、午前5時57分に、死亡が確認された。身元確認は家族が行ったという。

火事が起きた村田兆治さんの自宅(午前6時半ごろ 東京・世田谷区)
火事が起きた村田兆治さんの自宅(午前6時半ごろ 東京・世田谷区)


村田さんは、火元とみられる自宅2階にいたとみられていて、消防隊員が到着した際、すでに心肺停止の状態だったという。当時、自宅内には、村田さんだけしかいかなった。死因は、煙を吸ったことによる、一酸化炭素中毒の疑いがあるという。警視庁は、きょう午前、実況見分を行い、出火原因などを調べている。

村田さんをめぐっては、今年9月に東京の羽田空港の保安検査場で女性検査員の肩を押すなどした現行犯で逮捕され、その後、釈放されていた。当時の取り調べに対し、村田さんは容疑を一部否認していて、現在は任意で捜査が続けられていた。

火災発生当時の様子(視聴者撮影)
火災発生当時の様子(視聴者撮影)

(視聴者撮影)
(視聴者撮影)

釈放後の村田さんの生活について、近所の人は、「2~3週間前に、車を出しているのを見かけた」と取材に答えた。一方、別の住民は、村田さん宅について「空き家だと思っていた」と打ち明けた。

往年の名投手は、釈放後、人目を忍んで、ひっそりと生活していたのか。村田さんのことを知る関係者は、取材に対して、「きのうは、とても元気そうな様子でした」と話した。出火原因は、分かっていないが、村田さんは、タバコは吸わないという。また、取材によると、村田さんがひとり暮らしだったとの情報もある。

(FNNプライムオンライン11月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース